フォト
無料ブログはココログ
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月31日 (火)

目標を達成するということ

日曜日は充実の一日でした。

前日確認したメンバーから1人も抜けることなく、予定の32人がそれぞれの持ち場で力走してくれたおかげで、町内一周駅伝の成績は、Aチーム3位、Bチームはオープンの部優勝という結果になりました。

オープン優勝と言っても、一般参加の最下位チームの次のゴールだったんですが・・・。

でも、オープンの部優勝ということでアクエリアスを1ケースいただき、子どもたちもとても喜んでくれました。

走るの以上に楽しかったのがその後の打ち上げで、最近参加者が少なくて寂しかった打ち上げも、近頃めったに見ないような人数が集まってくれました。

人が集まるって言うのはとにかく理屈抜きで楽しいです。

「やっぱ、走らんば参加しにくかもんねー!」という皆さんの声は本音だったと思います。

Bチームに走ったメンバーの中には少し物足りなかったメンバーもいたはずなんですが、そんなそぶりは全くなく、とにかく久し振りに練習したことが皆さん良かったみたいで、これからはみんなで大会に参加しようよ!という話まで出ました。

後はよく覚えてないぐらい飲みまくりでした。

打ち上げの締めの時、来年どうする?と言われて、

「来年も2チーム出ます!けど、オープンチームの男女の制約ば解除してもらうとが前提で、決して女性部には迷惑ばかけんようにします。あとは区長さんたちに後押しばお願いします!」

と、またも参加宣言をしてしまいました。あの場じゃしょうがなかったと思ってます。

当日、大会までは参加しながら、結婚式で打ち上げに参加できなかった区長さんが、夕方駆けつけてくださいました。

「まぁだおるて思うて来たぞー!」

嬉しかじゃなかですか。

またわからんくらい飲みまくりました。

充実の一日でした。

目標は持つことが大事です。

もちろん目標を達成したという充実感はありますが、その充実感は長続きしませんよね。

すぐに次の目標を持つことが大事じゃないでしょうか。

私にとってマラソン大会しかり、競馬の遠征しかりです。

目標を達成(もしくは失敗)するということは、その達成感(悔しさ)をもとに、また次の目標に向かうということなんじゃないかなーと漠然と考えています。

あ、そう言えば、前回の京都遠征の時に目標にしてた冬の小倉遠征が今週末に迫りました。

また行くのー、とかみさんに言われながらも、今回は、初めての馬主席での参戦に気合いが入ってます。

何事も目標が大切。

という話。

2012年1月28日 (土)

目標を持つということ

町内一周駅伝に向けて、先週は土曜、日曜と練習できましたが、その後は、月曜日に練習しただけで、後は残業やら会議やら、極寒のせい(根性がなかったdown)で練習できず、今日久しぶりに走りました。

駅伝バージョンで、ダッシュも取り入れての練習でしたが成果はどうか?

楽しみと不安の中、いよいよ明日大会当日を迎えます。

思えば、無謀と思われたかもしれない、運動会の打ち上げでの2チーム参加表明からすべては始まったのでした。

最近緑地公園を走るときに、よく、かず○きさん(55才)が走っているのを見かけたし、くに○しさん(57才)は家の近くを走っているのをしょっちゅう見かけたし、と○おさん(63才)はめっちゃ走りよらっすですよという噂を聞きました。

その他の人も、特に年配の人は、見えないところで練習してもらったはずです。

たぶん1チーム出場だったら、練習することさえなかったかもしれない人たちが、2チームのエントリーによって練習に励んでおられるとすれば、これこそ健康増進への寄与!ということじゃないでしょうか。

明日は、我が福岡地区からは32人の老若男女が出場します。

我が家は、そのうち4人の出場です。

夕方体育部長のかずふみくんに最終確認したところ、何とか大丈夫のようです。

無謀なことと、冒険するということは違うと思います。

冒険することと、チャレンジするということも少し違うと思います。

そして、チャレンジするということと、目標を持つということはすごく近いような気がします。

駅伝は、1人欠けてもタスキが渡せませんし、ゴールができません。

私の無謀とも思える2チーム参加表明に賛同し、協力してくれたすべての人に感謝します。

明日はすごく充実した日になりそうな予感がします。

あ!充実しても、飲みすぎだけには注意せんとね。

これからも、目標を持ち続けよう・・・と思った夜。でした。

2012年1月22日 (日)

駅伝試走

今日は、朝から本渡中学校古新聞持ち寄り運動で、7時20分過ぎに自宅を出発。(夕べの新年会はセーブできたので、バッチリでした。)

10時過ぎまで立ち会い、その後は息子が所属する野球部のグラウンド整備へ。

トラクターやタイヤローラやバックホーなどすごい機械が勢ぞろいして、すごく本格的なグラウンド整備でした。父ちゃんたちお疲れさまでした!

その後、子どもたちと保護者の豚汁会。

めちゃくちゃおいしかったです。母ちゃんたちありがとう!

少しも残さないのがこの部の豚汁会のルールだそうで、子どもたちは豚汁がなくなるまでお変わりをし(させられ?)、おにぎりもなくなるまで食べ尽くし、大根漬け一切れさえも残さずに、文字どおりきれいに片づけて、寒かったけど楽しい豚汁会が終了しました。

終了後は急いで帰って、都道府県対抗駅伝の応援。

我が本渡中の洲崎くんも2区に出場です。

家に帰る前に2区がスタートしてしまい、やむなく車中で応援しながら帰りました。

しかし、家に着く前に2区が終了してしまい、熊本県が何位でタスキを渡したのかもわからないまま・・・。

今日の帰路の私の車は、スピードは遅く、やや安定しない走りだったかもしれません。

もし、迷惑をかけた方がいたらごめんなさい。

でも、回りの車もみんなスピードが遅かったような?気が?みんな応援してた?かな。

で、熊本県の成績は最終的に3位!

九学の選手たち凄すぎるぜぃ!

後輩の息子だったから言う訳じゃないけど、昨年の九学のキャプテン井上雄介くんの力も今年のこの成績の源だ!と、私は言いたい。

よかったね!九学!洲崎くん!そして熊本!

鼻高いよね!きよのぶ、ふっこ!(これは一部の人にしかわからない)

で、夕方、私も練習不足の体を鍛えに行こうと思ったんですが、来週の町内一周駅伝大会に息子も走るので、一緒に試走に行こうかと誘ったら、あっさり「うん。」という返事。

息子の区間の出発点までの約2.5キロを軽ーくアップで並走し、気合いを入れて、本気で息子と勝負しました。

息子の区間は、距離が1キロという、駅伝というよりも中距離リレーという感じの距離です。

にもかかわらず息子があまりにもスローなスタートなので、いきなり私がリード。

でも息子のプライドに火がついたか、軽い足取りですぐに交わされました。

が、しばらく走ると、また息子のリズムが落ちてきました。

こんな距離の経験がたぶんないんですよね。

て、息子のペースに惑わされずに私が再びリード。

その後は、しばらく後ろに足音が聞こえていたんですが、その音が遠ざかるような気配。

でも、ここで緩めたら、私にとっても息子にとっても練習にならないと思い、ひーはー、ふーはー喘ぎながら、最後まで頑張りました。

そろそろ中継点(区間のゴール)というところで、「今年までは俺の方が勝ちかな。ふふっ。」と顔を緩めた瞬間、何と私と反対側の路肩を、足音もなく息子が急襲してきました。

あーっ!と思ってエンジンをかけましたが、すでにラストスパート態勢に入っている息子と、そこからエンジン再稼働の私とでは乗ってるスピードが違う!

結局、息子1着、私がハナ差の2着という結果でした。(着差はあくまで私の主観です)

「お前、足音ば忍ばせて油断させたろ!」と思わず言ってしまいましたが、素直に負けを認め、その後は息子と久しぶりにいろいろと話しながら、歩いたり走ったりしながら家まで帰りました。

いつもと比べて距離的にちょっと少なすぎるかなーと思いながらも、駅伝を目標にしている今は、これくらいの距離の練習が必要なんだと結論づけ、息子と一緒に「ただいまー!」と大きな声をかけて家に帰りました。

何かいい感じの、今までで最高の試走ができた夕方でした。

走っててよかった、と思った夕方でした。

2012年1月21日 (土)

ブラッドスポーツ

競馬はブラッドスポーツだと言われます。

先週の土曜日、愛馬レインボーデイズの妹がデビューしました。ジャスティシアという馬です。

兄や姉たちが活躍したダートではなく芝の新馬戦で、9番人気でのデビューでしたが、逃げて粘って何と2着に好走しました。

レインボーデイズが活躍してくれれば、おそらく私もオーナーになっていたであろう妹の活躍には、正直複雑な気持ちもありますが、私の選んだ血統はやっぱり走る血統だったんだと納得できて、ブラッドスポーツの視点からは嬉しかったです。

購入馬券が、単勝200円、複勝300円だったんですが、馬連も買っておけばよかった・・・と思ったときは遅かった・・・です。

これからはずっと応援したいと思います。

今日は、久しぶりに昼間に時間ができて、小浜マラソン大会以来のランニングをしました。

マラソン大会後1週間は休養のつもりでしたが、その後の1週間が残業や雨で全く走れず、何と2週間ぶり。

楽をすると体はすぐに元に戻ってしまうもので、すごく体が重くて、来週に迫った町内一周駅伝のことを思い、すごく焦りました。

今週は頑張って練習をしようと思います。

緑地公園では凧揚げ大会があってて、走った後しばらく眺めてたんですが、久し振りの汗と気持ちのいい快晴、そして凧揚げを楽しむ人たちに中学生たちの大きな声を出しての部活動の練習風景・・・と、ほんとに気持ちのいい昼下がりでした。

午後、残り少なくなったPAT(インターネット馬券投票)の口座残額を増やせないかなーと思って参加したところ、いきなり的中。

6,900円だった残額が25,000円に。

その後何と4連続的中で一時は残額が80,000円を超えたんですが、最終的には軍資金が約10倍の70,000円弱になりました。

ううーん、こんな日もある。年に一度くらいかな。

ブラッドスポーツは、やっぱりオーナーになってこそ楽しみというもの。

当たり続けて、またレインボーデイズの弟か妹のオーナーになりたいなー。

そうか!今日は天高く昇る凧を見たから私の運気も上昇したに違いない。

そんなふうに思いながらも、これからまちづくり実行委員会の新年会へ出かけて、散財してくる予定の私です。

あまり酔わずに帰ってきます。

行ってきます。

2012年1月16日 (月)

町内駅伝2チーム大作戦

昨日は、朝から中学校のPTAミニバレーボール大会でした。

今までのPTA行事の中で一番笑顔の多かった行事だったと思います。

私たち執行部チームは、ミスしたら即交代のルールでしょっちゅう入れ替わりながらのゲームでしたが久々に大笑いした楽しい午前中でした。

執行部ではその後新年会が計画してあり、楽しさそのままに飲み会に突入・・・、だったんですが、私は夕方会議があるので・・・ということで、珍しくお断りしました。

残念!本当に残念!

で、午後からは夜の会議の仲間への差し入れと、息子の誕生日が今週なので早めのプレゼントのつもりでホルモンの煮込みを作りました。久し振りに。

鍋いっぱいに作ったんですが、なかなかいい味。

息子に「父さん上手やね。」と褒められ、母親にも「これなら私も食べられるよ。」と褒められました。

夕食後、残りのホルモンを鍋ごと抱えて公民館へ。

昨夜の会議は、町内一周駅伝大会の選手確認会。

いつかもこのブログで書いたことがありますが、これまで毎年1チームの参加だったんですけど、小学生や中学生がいる間に、とにかく1回2チーム出てみようと決め、昨年の町民体育祭の打ち上げで2チーム参加したいとお願いして了解を得ていたものです。

そして、昨年末のうちに選手の予定名簿を各戸に配布していたので、その結果の確認と最終打ち合わせでした。

メンバーは体育部長のか○ふみくんと副部長のひ○ふみくんと私の3人。

当然仕事や用事のために走られない人がいる訳ですが、さすが体育部長はその代わりに補欠の人にあたりをつけていてほぼ2チーム出れそうな感じです。

でも、連絡がない人は本当に大丈夫なんだろうか?ということになり、結局全員電話で確認し、走れない人の変わりのお願いもしているうちに、青壮年会のメンバーのけ○いちろうくんとひ○しくんも加わってくれ、選手のめどが立った頃から、私のホルモンと後で来たメンバーからの差し入れの刺身で焼酎会が始まりました。

そんなに長い時間じゃなかったんですが、焼酎はおいしいし、ホルモンは褒められるし、みんなちゃんと練習をしていると言ってくれるし、昼間の無念さを充分に晴らせるプチ宴会でした。

家に帰るときには、ホルモンはきれいに食べあげ、後輩たちが洗ってくれた鍋を持って帰りました。

今朝息子に、ホルモンは公民館で全部食べてしまったことを報告したら残念がってくれたので、また近いうちに作ってあげる約束をして学校へ送り出しました。

町内駅伝2チーム作戦は着実に進行中なんですが、我が家では少し雲行きが怪しい。

私、娘、息子が選手なんですが、昨夜、もしも○○さんがダメだったら走ってくれとお願いをしたかみさんから、来年からは1チームにしてよ!とくぎを刺されてしまいました。

でも、来年1チームに戻すかどうかは、駅伝大会の打ち上げの様子を見て決めることにします。

たぶん、酔った勢いでまた2チーム出しましょう!と吠えると思うんですが、青壮年会の女性部の賛同がないと無理なのでやっぱ今年限りかなと思いながらも、有言実行の喜びをかみしめつつ、2週間後の日曜日のために練習に励んでみます。

2012年1月12日 (木)

風邪の秘薬ミルキーセピア

小浜マラソンから3日目。

ハーフ完走後にしてはいつもより元気な3日目です。

今夜は中学校PTAのミニバレー大会の練習にも参加できました。

とにかく元気!です。

実は、小浜から帰った翌日の夜、少しのどが痛くて、このまま放っておいたら風邪をひきそうな予感・・・でした。

こんな夜は、私の風邪の秘薬、ミルキーセピアの登場です。

大学時代に、たまご酒の代用品としてよく飲んでいたミルキーセピア。

作り方は簡単。

ホットミルクにブランデーを適量たらすだけ。

熱々にして飲むのがポイントで、ふーふー言いながら飲みほし、汗が出そうなぐらいに体が温まったところでふとんに入って寝れば・・・、あら不思議!翌朝は忘れるぐらいに元気になってる・・・

というイメージで寝ることが大切です。

でも、翌日も少しのどが痛くて、のど飴を買いました。

そんなに簡単な効果てきめんな秘薬があるもんですか・・・。

で、昨夜の就寝前も前日と同じく熱々のミルキーセピアを飲んで温まって寝たところ・・・。

今朝は完璧にのどの痛みもなく、無事今夜のミニバレーの練習に出かけられた・・・というお話。

一昨年の春から走り始めて、風邪になりそうな予感はあっても、まだ一度も風邪をひいていません。

我ながらすごいと思います。

風邪ひいたら走れないと思うと、絶対ひきたくないし、何より私には秘薬がありますから。

皆さんもひきそうかな?というタイミングで、ぜひ、ミルキーセピアをどうぞ。

でも、ひいてからでは何の効能もありませんのであしからず。

ちなみに本物のミルキーセピアは、甘いホットミルクにほんの少しブランデーを垂らす程度のものらしいんですが、私の場合は砂糖を省略し、ブランデーがないとウイスキーを入れるし、ほんのりセピア色じゃなくて、濃いめのセピア色だし、完璧にマイバージョンになってます。

今夜は別にどうってことないんですが、今夜ものどが痛い・・・ってことでかみさんの許可を得て、また熱ーい濃いセピア色のミルキーセピアを飲んで寝ようと思います。

そう言えば、ミルキーセピアは、翌日寝過ごす副作用がありますので、そこのところだけは服用にお気をつけくださいね。

2012年1月 9日 (月)

挑戦すればこそ

小浜マラソンのチャレンジにはあまり緊張しなかったのか、今朝は目覚ましが鳴るまでぐっすり眠りました。

そしていざ小浜へ。

始発の鬼池フェリーにはいかにもランナーらしい人が数人乗っていました。

そのうちの1人はいつも緑地公園で会う、昨年の熊日郡市対抗駅伝で天草市初優勝のアンカーを走った山下将近くんでした。

「やっぱレベル高いっちゃろ?」と恐る恐る聞く私に、山下くんは「いやー、大丈夫ですよー。結構高齢者も出らっすですよー。」と非常に明るい。

少しだけほっとしながらもまだ緊張。

口之津のコンビニで飲み物を買っていると再び山下くんに会って、「山下良祐くんもフェリーに乗っとったですよ。」と言われました。

その山下良祐くんとは、現在早稲田大学駅伝部(競走部?)で、天草高校時代に県大会でも優勝したことのあるすごいランナー。実はお母さんは、私のかみさんと同じ職場の方です(汗)。

噂どおりのすごいメンバーたち・・・。

やっぱ辞退すべきか?と、また数日来の悩みがもたげてしまいました。

でも、2時間めざせばいい訳だしここまで来て走らない訳にもいかず、一路小浜へ。

駐車場に着くとすぐに受付へ。でも、受付まで約1キロもありました。

受付後、出発まで時間があるのでまた駐車場に帰ってパンフレットを見ていると、受付から出発点まではさらに約1キロです。

走る前はいいようなものの、走り終えてから車に帰ってくるのにどんだけかかる?

そもそも足がつったりしたらどうするの?

おまけに、エントリー数はたったの227人。少ないなー。遅いのが目立ってしまう。

と、走る前からすごーい不安に襲われました。

でも、ここでリタイヤしたら家族にも説明つかないし、気合いを振り絞って出発点へ。

でも、ほんとに遠すぎるよ。走った後でここまで帰ってくるためには、やっぱ余力を残しとかないとなーと真剣に考えました。

で、いよいよスタート。

折り返しの制限時間が55分なので、キロ5分ペースで行かないと間に合わないし、後半の余力を考えず、とりあえずは折り返しを目標にスタート。

スタートしてすぐに、私と同じくらいのペースの人が結構いるとちょっと安心。

でも最初の1キロが4分50秒。

ちょっと早いと目標を少し落として次の1キロが4分55秒。

その後ほぼキロ5分で走れて、10キロを50分30秒くらいで通過。

でもそこから折り返しまで上り坂が続いてて、一気にペースダウンで折り返しは54分でした。危ねー。

その後折り返せたのはたぶん2人ぐらいだなと思いながら走り続けました。タイムオーバーが約20人。やっぱ厳しい大会です。

その後2人追い抜いたものの、6人に抜かれへとへとのゴールでした。(何で私の後ろに6人もいたのか?折り返しタイムをちょっと大目にみてくれたんでしょう!)

タイムはまたもや2時間を切れず、今日は2時間4分でした。タイムオーバーでしたが記録証はいただけました。何でも大目に見てくれる大会でよかった!

でも、ここら辺が私の限界なんだという寂しい現実を、そろそろ受け入れようかと思いました。

でもへとへとの原因は他にもあったように思います。

①往路はちゃんとキロ表示があったんですが、復路は表示がなくて時間の調整が難しかった。

②ウォーターステーションは12キロぐらいのところに1か所だけで、しかも本当に水だけでした。ゴールの頃は足もきつかったんですが、すごく空腹感も感じてました。

③そして何よりもエントリーが少なくて、前にも後ろにも人がいない状態になってしまいました。(回りに人がいればもう少し頑張れた?かも!)(もう少し早く走ればいいんだよ!ということではありますが。)

でも、交通整理の皆さんや、ゴール前に頑張れーと声をかけてくださった皆さんに心から感謝します。

(息子さんは早くゴールされたのに私のゴールまで待ってもらってた山下良祐くんのお母さん、ありがとうございました。というか遅くてごめんなさい!)

で、ゴール後、約2キロの道のりを歩いて車に帰ったんですが、前回の天草マラソンの状態なら絶対に歩けませんでした。

今日は、タイムは同じでもその後の状態に余裕ができた、ということで納得しようと思います。

その後、居眠りをこきながら温泉を堪能してようやく生き返って、腹ぺこだったので、いつも気になっていた諫早のラーメンを食べに行ったんですが、その話は、また機会があったら、ということで・・・。

はあーっ。なかなか目標に届けませんが、いろんな経験も挑戦をすればこそ!

新年会で挑戦を勧めてくれた無責任な・・・、いや、前向きな仲間たちに感謝します。

次の目標は、昨年参加していい大会だと思った横島いちごマラソン大会。

2月26日開催で、すでにエントリーは済ませました。

何事も、挑戦すればこそ!です。

次こそ!

いや、大きなことはもう言いません。

おやすみなさい。

2012年1月 8日 (日)

苦悩する男

明日は雲仙小浜ハーフマラソン大会。

年末に走ったのは28日・29日・30日だけで、しかも体力落ちは歴然。

今年に入ってからも走ったのは4日だけで、残業の後でも絶対に走ろうと思ってた金曜日には、「新年会せん?」のメールに、即「残業後行く!」と返信してしまいました。

職場の後輩の情報によると、小浜マラソンはレベルが高く、長崎県内でも相当速い選手が集まる大会だそうな。

どうりで制限時間が2時間か!

でもその情報を耳にしたときにはすでにエントリー済ませてました。

職場の後輩たちからは、無理しない方がいいですよと老人扱いされるし、確かに自信はないしどうしようと悩んでいました。

しかし、金曜日の新年会仲間からは、「チャレンジせんなんてらしくない。」「ダメやってもブログで頑張りば報告すればよかもね。」などと、飲み会にありがちな、無責任な応援をたくさんもらいました。

これで天気でも悪けりゃ、今風邪ひくわけにはいかんけんなどと言えるんですが、昨日も今日も、近頃お目にかかったことがないような気持ちのいい快晴で、明日の予報も成人式になぞらえて「穏やかな晴れ着日和」だそうな。

土曜日は地区の鬼火焼きでしたが、天気が良くて本当に気分爽快でした。

笹の葉で、今年1年体が悪くならないようにあちこちをさすりましたが、特に膝、腰、足が痛くならないようにお願いし、何か走れそうな感じがみなぎってきたような気が・・・。

その後気合いが入ってランニングをしました。(でも少しだけ)

そして今日。あまりにも気持ちの良い天気に、ランニング中、「よし!走ったるわい!」と最終決断しました。

昨年末に何年ぶりかに購入した新シューズを履いて、「チームとぎたや」のTシャツを長崎でも披露してきます。

ゴール後は披露が疲労に早変わりしそうですが、とにかく制限時間内にゴールできるよう頑張ってきます。

今年も、苦悩する男のブログによろしくおつきあいください。

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »