フォト
無料ブログはココログ
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月31日 (火)

夜の蝶

先日、「過ぎたるは・・・」というタイトルで書き込みをしましたが、その数日後徳川家康の言葉を目にしました。それは、

「人の一生は重荷を負うて 遠き道を行くが如し、急ぐべからず。
 不自由を常と思えば不足なし、
 心に望み起こらば困窮したる時を思い出すべし。
 堪忍は無事長久の基、怒りは敵と思え。
 勝つ事ばかり知って負けることを知らざれば害その身にいたる。
 おのれを責めて人を責むるな。及ばざるは過ぎたるより勝れり。
 人はただ身の程を知れ、草の葉の露も重きは落つるものかな」

「過ぎたるは及ばざるがごとし」以上に「過ぎたる」ことを戒めていますよね。「鳴くまで待とうホトトギス」を地で行くような家康の言葉、覚えておきたいと思います。

さて、先日の「過ぎたるは・・・」の書き込み以降、走り方を変えました。

まず1周軽く流してから走り、走り終えてからも1周流して、さらに1周歩いたうえで終わるようにしました。自分の年齢を考えて、ウォーミングアップとクーリングダウンをすることにしたんです。

明日も明後日も時間が取れないので、今日はどうしても走りたくて、少し遅かったんですがウォーミングアップとクーリングダウンも含めて、たっぷりと汗をかきました。

公園を出る頃は、とっぷりと暮れていたんですけど、上の方を何か蝶のようにひらひらと飛んでいるのが見えました。蝶にしては時間が遅いなーと思いながら改めて見ると、たくさん飛んでるし、蝶より大きそうだし、蝶よりは動きが素早いような・・・。よく見ると蝙蝠(こうもり)でした。

こんな街中で、そしてこんな海の近くで蝙蝠を見るとは…びっくりしました。

明日から二学期。本渡中学校のグラウンドも夕方まで部活動に頑張る生徒たちの声が響くことでしょう。

蝙蝠たちも生徒たちが帰ってくるのを待ち切れずに飛んでたのかも・・・と思いながら自宅へと帰った夏休み最後の夕べでした。

2010年8月27日 (金)

プロ意識

先週の土曜日、約2週間帰郷していた娘が帰るのを機会に、家族で一緒に旅行をしてきました。

息子とのプロ野球観戦、甥姪たちを集めてのいとこ会、子どもたちお目当てのディズニーシー行き、娘たちあこがれの原宿散策などなど楽しい夏休みのひとときを過ごしました。

そして、月曜日に帰ってきたんですが、その帰路に、冷や汗ものの経験をしました。

空港に到着したのは確かに早くはなかったんですが、月曜日だしそこまで混雑はしていないだろうという読みがみごとに外れ、手荷物預かり所も保安検査場も長蛇の列。

今回はチェックインをしなくて済むタッチ&ゴーシステムを利用していたため、搭乗手続きは保安検査場でバーコードをかざすだけだったので、時間が短縮されてよかった・・・はずが、早めのチェックインをしなかったことがあだになり、妻と二女、長男はぎりぎりセーフでしたが、タッチの差で私と三女がタイムアウトの表示。

不安そうな妻たちに、セーフの3人は先に乗っているように指示して、航空会社の関係者を呼んで、荷物は預けていることなどを話した結果口頭でOKが出たんですが、チケットがなかったため、保安検査場を抜けられなくて、航空関係者とのやり取りをしていた近くにいたスタッフに「今の話聞いてただろう、急いでくれ!」と険悪なムード。

再度航空関係者が呼ばれて確認が取れてようやく搭乗者エリアに。

タイムアウトだったのが、子どもたちの中で一番走って速い三女と私だったのは不幸中の幸いだったなーと思いながら、搭乗口まで猛然とダッシュ。

途中、若いスカート姿の女性スタッフが「熊本便のお客様ですか?」と走りながら声をかけてきました。「そうです。迷惑かけます」と答えると、「こちらです」と先導してくれたんですが、その速いこと速いこと。

娘と顔を合わせて、「速いな~」「うん」。もともと速い人だったんでしょうけど、プロ根性を見た思いがしました。

そして、無事搭乗することができ、ほっとした顔の妻たちと合流して、何とか熊本まで帰ることができましたが、さすがに、飛行機では眠ることができませんでした。

子どもたちに、「迷惑かけたから一番最後に降りてお詫びをするよ」と言い、最後に降り、客室乗務員の皆さんに「ご迷惑をおかけしました。他のスタッフの皆さんにもよろしくお伝えください。」と頭を下げたところ、帰ってきた言葉は、

「いいえ、手荷物預かり所や保安検査場が混んでいたと聞いております。こちらこそご迷惑をおかけいたしました。」というおだやかな言葉でした。

空港から自宅までの車中では、猛然ダッシュの女性スタッフ、最後の客室乗務員の話でもちきりで、みんなでこれがプロ意識なんだなーと感心しきりでした。

冷や汗ものの経験は、日ごろなかなか気づけないことを私たちに教えてくれたような気がします。

それにしても、タイムオーバーが別の2人の組み合わせだったら・・・。

考えただけでまた冷や汗が吹き出してくるようです。

2010年8月26日 (木)

過ぎたるは・・・

昨日、久しぶりに走りました。

先週の木曜日、いつもの公園を自己最高タイムで走ったんですが、その日以来のランニングでした。

その先週の木曜日は最初から快調で、6周目まですべて1周4分を切り、6周で23分という自己最高タイムで、疲れが出てきた7周目も27分15秒でまとめ、これは初めて8周32分を切るな!という確信を持ち、初めて9周目にも挑戦だな、と思いながら8周目に入ったんですが、8周目に入ってすぐに、左足に違和感を感じ、痛み出しました。

これは少し休まなくては、と思いながらも、初めて8周32分を切れるチャンスに、もったいないという思いの方が強くて、無理して8周走り切ってしまいました。

タイムは8周を31分52秒という自己最高タイムではありましたが、左足に痛みを感じながらの、満足感も達成感もない悔いの残る終わり方でした。

翌日の金曜日は普通に歩けない状態、土曜日から見た目には普通になったけどまだ痛みがあり、日曜日から普通に歩けるような感じでしたが、走るのは自信がなく、ようやく昨日走ってみたというわけです。

この間、いろいろと考えました。

自分が目標とするのは最終的にはフルマラソンだから、速く走るより長く走るトレーニングをしなければ・・・。いやある程度スピードも一緒に練習しないとゆっくりと長く走るだけじゃトレーニングにならない・・・。そして最終的には、「スピードもつける。だけど、無理はしない。」というシンプルな結論に至りました。

で、昨日。走り始めてみるとまだ少し痛いので、いつでもやめられるようにじわっと走り始めました。1周目3分58秒。それでも4分を切るペースで走れたのが嬉しかった。2周目3分59秒、3周目4分、4周目4分、5周目4分3秒、6周目4分5秒と目標とする1周4分ペースで走り、7周目で4分23秒かかったので、7周で終わりました。

じわっと走り始めるのか、最初のリズムが大切・・・とピッチ走法で走り始めるのか、これから毎日自分の体と相談しながら走り続けたいと思います。

今回の教訓は、「過ぎたるは及ばざるがごとし」ではなく、「過ぎたるは継続の敵、及ばざるは明日への意欲」としようかと思います。

ん?、今日も少し左足が痛いぞ。やっぱり昨日も過ぎたる・・・でした。

2010年8月18日 (水)

オズフェクト

今週も馬の話。

今週は私のクラブから2頭出走しました。

1頭は先週勝ったフレイムヘイローが、連闘で土曜日の小倉特別戦へ。

応援しましたが、無念にも着外・・・。そんなに甘くはない・・・か。

もう1頭は、シンボリクリスエスの子オズフェクトが、日曜日に札幌でデビューし、1番人気に応えて見事に優勝しました。

今週は、1番人気だったので、買い目を絞りすぎたため、せっかく勝ってくれたのに、馬券は的中できませんでした。残念。

でも、いいぞ、いいぞ。私の馬のデビューも楽しみです。

血統、馬名などは、デビュー週にお知らせしますね。

これまで、競馬は3着馬までしか注目してなかったんですけど、今年からは5着馬までしっかり見るようになりました。

なぜなら、馬券の対象は3着までだけど、賞金は5着まで出るから。

視点が変わったって言うか、前までよりずいぶんおもしろく思えるようになりました。

もっともっと活躍してくれ。

2010年8月15日 (日)

合宿

専門学校に通っている長女が盆に帰ってきました。

帰ってくる少し前のとても暑い夜に、子どもとたちを座敷に集めてエアコン付きの部屋での合宿を提案したところ予想以上に好評で、いつもは別々の部屋で寝る子どもたちがみんな一緒にとても楽しそうに夜を過ごしました。

好評だったので幾晩でも・・・と思っていましたが、楽しすぎたせいか、小学6年生の息子が11時過ぎても寝れない日が続いたため、無念にもこの合宿は親の権限で強制終了していました。

ところが、長女が帰って来た夜に、みんなで合宿したいーと子どもたちから提案があり、なら、いいかと許可したところ、また息子が眠れない状態になり、またまた強制終了の憂き目に・・・。

でも、今夜はお盆だから、と子どもたちからの申し出があり、許可しました。

今、子どもたちのとても楽しそうな声が聞こえてます。

「お父さんはダメ・・・!」の寂しい現実はあるものの、娘3人と息子1人、今夜のようにいつまでも一緒に楽しく過ごしてもらしたいものです。

明日の朝は、起きるのが少し遅くても、少し大目に見てやろうかなと思ってます。

家の中での合宿。なかなかいいもんです。

2010年8月13日 (金)

継続する力

先週、3日連続走ったのが記録と書きましたが、翌日も走って、連続4日に記録更新。

でも、タイムは伸びず・・・でした。

土日休んで、月曜日走ったら、少し遅くなってました。この日の反省は、最初の走り出しのリズムが遅いと、そのペースに陥ってしまって、途中でペースを上げようとしてもなかなか早く走れないということ。

火曜日はそこを意識して最初にピッチ走法を意識して走ったところ、7周28分25秒の自己記録になり、気分よくて初めて8周走りました。

そして昨日は休んで、今日。

今日も最初ピッチ走法を意識して走り始め、調子良くてなんと8周32分1秒でした。

今、走るのがすごく楽しい。

10周を40分で走れるようになったら、ロードにも出てみようかな・・・と思い始めました。

継続することの力を改めて実感したお盆前。

お盆はご先祖様に感謝しながら、飲むことに専念し、お盆すぎにまた走ってみたいと思います。

2010年8月11日 (水)

百日紅

あちこちの家の庭には早くからさるすべりの花が咲いているのに、我が家のさるすべりはなかなか咲いてくれませんでしたが、先週ようやく花を咲かせてくれました。

220807

このさるすべり、前からよくばりな名前だなーと思っていました。

猿もすべらんばかりのつるつるに見える樹皮は、まさに「さるすべり」。これ、耳に訴える名前ですよね。

一方、漢字の「百日紅」。これは、紅い花を長く咲かせてくれることからつけられた名前だそうですが、これって、この予備知識がなければ、絶対「さるすべり」なんて読めませんよね。こちらは、目に訴える名前?かな?

でも、どちらも、昔の日本人の豊かな感性がうかがえるような命名ですね。この感性は大切にしたいものです。(漢字は中国語かも?)

最初の花を発見したのは8月6日ですが、いったい何日咲き続けるのでしょうか。百日目は11月13日のようです。覚えていたら、また報告しますね。

さらに、我が家には「百日白」もあります。白い花が咲くさるすべりです。

咲いたらまた報告します。

2010年8月 9日 (月)

フレイムヘイロー

今週も馬の話。

今週は、私のクラブから、大挙5頭の馬が出走。

うち2頭がデビューしましたが、ほろ苦い結果でした。

でも、今回2戦目のフレイムヘイローくんが、小倉の未勝利戦でみごと勝利しました。

私はといえば、馬連31.2倍を500円購入してて15,600円ゲット。今週もハッピーになりました。

勝たせてくれた騎手が、父親のキングヘイローにも騎乗していた福永騎手だったことも、私には嬉しいことでした。

競馬はブラッドゲームと言われますが、一口馬主になれたことで、つくづくそうだなーと思うようになりました。

父馬や母馬を知っている仔馬が出走したら応援したくなるものですが、それが自分の持ち馬だったら・・・。

想像するだけでワクワクします。

私の馬も、とにかく無事にデビューしてほしい。まずはそこからスタートですから。

そしてその仔馬が生れたら・・・。絶対に買います。

話が飛躍しすぎましたが、デビューするまでが楽しいのかもしれませんね。

宝くじを買ってからも、発表までが楽しいようにね。

また情報があったらお知らせします。

2010年8月 8日 (日)

達成感と寂しさと・・・

3月の終わりに、「不毛地帯」の原作を読もう!と思い立ち、一度に5冊買い求めました。

おかげですごく楽しい時間を過ごせて感謝でしたが、1冊約600ページの5冊シリーズというのは、はっきり言って長かったー。

こんな長編、個人的には尾崎士郎の「人生劇場」以来じゃないかな?いや平井和正の「幻魔大戦」シリーズはもっと長かったよな。でもあれは一気に読んだ訳じゃないし・・・。

ま、どうでもいいんですけど、その不毛地帯をついに読破しました。最後は焼酎ロックを何杯もお代わりしながら一気に達成でした。

ものすごい充実感を感じながら床に着いたんですけど、翌朝から何か物足りない気がして・・・。

読む本が手元にないのが、こんなに落ち着かないなんて・・・。

で、今日、夕方花火大会のボランティアに参加したところ、スタッフへの従事内容説明から現地集合までに時間が出来たので、その空き時間に本を探してみました。

あんまりゆっくり探せないよなーと思いながら選んだのは、「沈まぬ太陽」。

また5冊シリーズものですが、不毛地帯よりは薄いようです。

達成感と寂しさ・・・、寂しさがゆえの新たな出会い・・・。

たぶん、本のことだけじゃなくて、いろんなことに通じるんじゃないかなと思います。

とりあえず今は、達成感と寂しさと・・・それゆえに・・・、新しい本とたくさん出会っていきたいと思います。

2010年8月 5日 (木)

継続は力なり

このブログを始めたきっかけの一つが、友人の東京マラソン完走。

すごく刺激を受けて、フルマラソンは無理でもとにかく走り始めようと思いました。

ブログを始めると同時に走り始める・・・はずでしたが、これがなかなか・・・。

それでも、梅雨入りする前までは、走るというよりウォーキングに近い感じではあったけど、週に1回くらいは汗をかいてたんですが、梅雨入りで中断し、梅雨が明けた頃には完全に元に戻っていました。

梅雨明け後は気を取り直して本渡中学校そばの公園の周回コースを走り始めました。

サッカー部と野球部の練習を眺め、元気のいいかけ声を聞きながら走るのは何とも爽快なんですが、残念なことに長く走れない。で、しかたなくウォーキングに切り替えて中学生と同じ空間を過ごしていたのが、つい最近のことです。しかも週1回のペースはなかなか増えないんですね。

でも練習の甲斐あって、30分くらいは走れるようになったのが、夏休みになってから。夏休みに入ると、夕方には生徒たちはいないので、静かな環境でのランニングとなり、少し残念。でも、その分、会話はしないけど顔を見て会釈する人が増えてきました。

最初30分走るのに6周で十分だったのに、30分走るのに7周走るようになって、7周で初めて30分を切ったのが先週。

今週は火曜日が初めてのランニングで、30分ちょっとかかったのに、昨日は29分10秒で大喜びしてたら、今日は28分35秒。記録もそうだけど、3日連続で走ったのも初めてでした。

次は1周4分のペースでなるべく長く走ることが目標です。きょうは5周目が20分5秒だったのに、最後の2週で8分30秒かかってしまったから。

でも走るのがおもしろくなってきたぞ。メタボは解消されてないけど・・・。

段階を踏んでからだけど、いつの日にかフルマラソンに挑戦するっていう夢に、少し近づいたような気がした一日でした。

やっぱり、継続こそ力だ!

2010年8月 3日 (火)

ゲットハッピー

ゲットハッピー・・・幸せをつかむ・・・いい名前だなー。

私、今年初めて競走用馬ファンド契約を締結しました。

平たく言うと、一口馬主になったわけです。

で、私が初めてオーナーになったクラブの所有馬の一頭の名前がゲットハッピー。

実はこのゲットハッピーくん、先週の日曜日、函館の新馬戦でデビューして、デビュー勝ちを収めたんです。

これまでこのクラブからは4頭がデビューして4着が最高成績でしたが、5頭目にして初勝利。

自分の馬じゃないけどすごく嬉しい。

馬券の方も、単勝5.7倍を1000円、馬連29.7倍を500円購入してて、計20,550円をゲット。

私も馬券をゲットしてハッピーになりました。

私の馬も無事出走してほしいものです。

デビューは秋以降の予定だそうですが、すごく楽しみです。

過度な期待はしないようにと自分に言い聞かせながらも、秋が待ち遠しい今日この頃。

デビューしたらまた報告します。

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »